2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.09.15 (Mon)

2014年夏休み ベトナム旅行 その2

2014年9月7日(日) 旅2日目
ベトナムの朝。

ホテルの朝食バイキングなのですが、正直あんまり美味しくはなかった。
まずくもなかった。最終日にフォーが出たのは良かった。

2日目の観光は、夕方からサッカーがあるので昼まで終わるものを選んで、
古都巡り ユーロア城址とタンロン遺跡(世界遺産)
ベトナムの歴史を少し学びました。中国、フランス、日本、そしてベトナム戦争。
ユーロアの首のない王女の像はびっくりした・・

さて、二日目の昼食は自分で考えなければならない。
ホテルは中心地でないので周りにちゃんとしたレストランがなく、
(日本食レストランしかなさそう)。
屋台で食べることに。英語は通じないし、
ベトナム語の会話本も持っていったが役に立たない。
指さしのみでなんとかやりました。ぼられたかもしれないけど。
衛生に不安がありましたが、味は美味しい!

さて、夕方からサッカーなのですがチケット問題。
事前情報によるとおばちゃんから買えるらしい(ダ*屋)。
この日は日本対オーストラリアなので定価20万ドン(10万ドン×2)で買えたんですが、
2日後の日本対ベトナム戦のチケットは50万ドン(25万ドン×2)と高騰。U-19ベトナム代表はフル代表より
人気があるようで、仕方ないかなと思いつつ、計算機もないので交渉せず。
日本価格と考えてそのまま購入しました。(10万ドン=500円)

でースタジアムに入ると。そのへんのおばちゃんから大声で言われます。
「ミーディン!ミーディン!」

???

ミーディンって確か他のところにある競技場だったような・・
買ったチケットを見ると・・ 会場はミーディンって書いてある。

「タクシーで行きな」と言われた気がしたので急遽タクシーで。

僕が行っていたのはハンダイスタジアムというスタジアムでした。
しかし、AFF(ASEANサッカー協会)のホームページではそう書いてあったのですよ。

ホテルもハンダイスタジアムの徒歩すぐのところでとったのになー。
特にベトナム戦は19時からなので、21時からスタジアムからホテルに向かうのが不安だったので
そうしたのだが。

ホテルからミーディン国立競技場まで30分くらい。15万ドン。

スタジアムに着いて入口もよくわからない状態でしたが何とか中へ。
チケットもぎりはなく、びりって半分くらい破られました。
金属探知機のゲートもあったのですが、他に手荷物を預ける検査もなく
バッグを抱えながら。当然スマホやらカメラなどあり、ブザーがなる。
それで、通っていいと言われ、意味わからん!

一応指定席になっていたのでそのあたりへ。オーストラリア戦なので客席はガラガラ。
現地在住日本人の方が多かったですね。それでもtotal 50人くらいかな?
日本代表サポの太鼓の方もいたのですが、札幌ドームでのウルグアイ戦にも行っていたそうです。

オーストラリア戦は内山古出場で4-3で勝利。
3-2で勝っていたのですが後半45分に同点ゴールを決められ3-3へ。
グループリーグといっても日本、オーストラリア、ベトナムの3チームのみ。
勝点3が欲しいところです。ロスタイム表示は2分だったかな?
同点にされたキックオフ直後に猛攻をしかけペナルティエリア付近でFKを獲得、
シュートは一度弾かれますが押し込み劇的逆転ゴール!
同点にされたときの、俺の「最後まで諦めるな!2分あれば1点取れるよ!」とう声援が効いたかな?

日本選手がスタンドまで挨拶に来て、内山に手を振りこちらに気付いてもらえました。
コンサドーレのタオマフも掲げたしなー、母親にはコンサドーレのレプリカユニを着せたし。

さて、試合終了後どうやって帰るかのー。現地の日本人の方に聞いたら
流しのタクシーで大丈夫と言われました。ただ、スタジアム前の道路は幅が広く、
タクシー拾いにくい。なので少し歩き道幅が狭くなったところで拾いました。
ベトナムには悪徳タクシーもあるらしいですが、拾ったタクシーは大丈夫でした。
しかし、運転手のおじさんの目が悪く、ホテルの名刺の住所が見えずそこで苦労しました。

ホテルに到着し疲れ果て、美味しくないホテルレストランで夕食をとりました。
食べなれているものということでスパゲッティボロネーゼ。ボロネーゼっていうか、
あんかけパスタに近いような・・ まあいいか。

オーストラリア戦で会場を下見できたことが後の熱狂のベトナム戦に繋がります。
スポンサーサイト
Edit  |  12:53  |  日々・雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |