2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.03.31 (Mon)

2014年J2第5節京都サンガ戦@西京極

夜勤明けで京都まで行ってきました。
桜のシーズンにインですが、観光などはせずに西京極へ直行。
昨年の10月も行っているので道中こなれたものです。
関東は大雨でしたが西へ行くごとに晴れ間が見えてきました。
西京極についたのはキックオフ1時間前。

スタジアムグルメに出店の告知があったパティスリーヒロヤの
シュークリームを食べましたが、、
「普通」

西京極といえばコンサドーレにとっては鬼門で有名。
2007年の昇格のときの1勝しかしていません。
そのときは遠征していないので、僕は京都の強さもあり、
苦い思い出しかありません。
開幕して新しいチームは見ておきたいという気持ちが大きかったのでそれでも来た!

で、雨降ってたんですよ。
最初のほうは強い風も吹いていて、立て看板が吹っ飛ばされるという事態に。
壊れたのかそのまま撤去されました。京セラメディカルかわいそす。

試合内容は、京都が大木体制から(面白いお爺ちゃん)バドゥ監督に代わって、
サッカーが変わり、以前よりは断然組みやすい相手になってました。
プレスも来ないし、京都に強いFWがいなかったから、奈良・薗田で跳ね返せた。
攻め込むも点がとれず、ミスからピンチを迎える、一進一退。
砂川が攻守ともにやはり効いていました。
前半最後の方から京都のショートパスが繋がりだし、ボールポゼッションを
奪われました。そして失点。なんとか追いつき同点のまま試合終了。

ここまでの印象だと、ボランチの弱点は相手が鬼プレスしてこなければ
宮澤・河合でなんとか大丈夫。CBは相手に強いFWがいなければ大丈夫。
砂川に頼っている部分はあるが、砂川が退いたあとも菊岡がいれば問題ない。

京都が弱体化したのは確かだと思う、少なくとも今の時点では。
今後、どうなっていくかはわかりませんが。
今回の京都相手で勝点3はとれるチャンスはあったはずだし、もちろん0の可能性もあった。
意見が分かれるところでしょうが、試合終了直後のスタジアムで揉めるなよ。

基本的には勝点3とれる試合だと思ったので、もっとやれる、満足するなという感想です。
選手をねぎらいつつも、叱咤するていうのでいいんじゃないの?
仕事で上の立場になってみないと、まとめ方や褒め方、育て方とかわからないと思う。
色々と考えたことはあったのですが、試合後のバドゥ監督のコメントを見たら
そんなことバカバカしくなりました。
まあ、社長の耳にも入ってるんだろうからなんらかのコメントあると思うが。

ちなみに応援自体は良かったと思いますよ。試合開始前は声出す人数いなくて困りましたが、
試合自体が面白かったし、追いつけ逆転しろで声出てきて盛り上がった。

試合後は関西サポの飲み会に参加してきました。

次の観戦はきっと岡山戦。
スポンサーサイト
Edit  |  16:13  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |