2005年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2005.10.30 (Sun)

J2第38節仙台戦2-2△

チームのためなら火の中水の中バスの中ということで最寄駅の始発で行き、終電で帰ってくるという長い旅が始まりました。新宿からは某A観光のバスでした。

仙台は苫小牧からのフェリー航路があるなど道内からも比較的来やすいアウェイであるためスタジアムにもホームサポの皆様が大勢かけつけていました。

とりあえずこれ
PA0_0023.jpg
牛タン丼 700円
味が市販の焼肉のタレっぽかったですが美味しかったです。

試合は「死闘」と呼ぶにふさわしい試合でした。
内容についてはもう何も書くまい。

入れ替え戦をかけたこの時期の直接対決。アウェイでの真剣勝負。仙台サポーターの審判への大ブーイング。それをかき消そうと必死に声を出す札幌サポーター。先制-失点-勝ち越し-同点と揺れ動くスコア、陽が落ちるとともに妖しさを増すスタジアムの雰囲気。雨が混じり芝の匂いが香り、絶叫がこだまする。

萌えました。
そして試合終了の瞬間崩れ落ちました。疲れる試合だった・・

結果としては前回仙台スタジアムでは0-4.今回は2-2ですから失点を2点減らし得点を2点増やしたということができます。監督のコメントにもあったように1-1で同点に追いつかれた後、あのスタジアムの雰囲気の中、まさか勝ち越し点を上げることができるとは思いませんでした。

2分後に池内が退場になるとも思いませんでしたが。
これね、某カードゲーム風に言えば「池内を生贄に得点を召還」っていう感じですよ。
DFとして年間10得点は記録?らしいですが年間の退場数も相当な記録じゃないかな。

権東が交代して入ったときは頭抱えましたよ。
現在は西澤画伯がいないため、和波・曽田・池内・加賀でディフェンスラインを回していましたが今後池内・加賀の出場停止が重なるのは避けられない状況です。近いうちに確実にディフェンスラインが崩壊します。そう考えてみるとやはり延期になった山形戦が今季のターニングポイントだったのかもしれません。

今回感じたことは第4クールを戦っていて、もう今年中は同じチームと戦わなくていいという安心感があります。あと6節。刻々とシーズン終了に近づいていますがまだまだこれから。
勝ちに等しい引き分け、負けに等しい引き分けなんかない。
引き分けは引き分け。勝点1 切り換えて行きましょう。


J2第38節終了時順位(3位以下)
甲府59 横浜△草津○仙台●徳島○鳥栖○|湘南水戸山形札幌福岡京都
仙台57 鳥栖●徳島○甲府○横浜○札幌△山形草津湘南水戸京都福岡
札幌55 徳島○横浜△湘南△山形○仙台△|水戸福岡京都甲府鳥栖草津
山形54 京都●福岡○横浜△札幌●湘南●仙台徳島甲府草津水戸鳥栖
赤字が直接対決、青字が上位チームです

2勝3分と負けなしですけど勝点は3勝2敗と同じ。勝点3と勝点1の差はあまりにも大きい
スポンサーサイト
Edit  |  16:01  |  コンサドーレ  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.29 (Sat)

試合終了

何も言うまい
Edit  |  16:09  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.28 (Fri)

熾烈な3位争い 仙台戦展望

長かったJ2も残りあと7節。
首位の京都が早々にJ1昇格を決め、自動昇格の残りの1枠も福岡で決まりそうです。入れ替え戦への出場権をかけての3位争いが激化しています。そしてこの時期にそれを争える順位にいることを嬉しく思います。札幌は現在6位ですが3位との勝点差は2.明日、4位仙台との直接対決を迎えます。

札幌は前節鬼門であった山形を内容良く圧勝し、その勢いを持続できるか。あるいはまた一つチームが成長できたかが鍵だと思います。ケガが心配された西谷も出場濃厚。和波が出場停止ですが曽田が復帰し、ディフェンスラインもまだ組むことができます。砂川・デルリスといった不調が心配されていた選手も前節揃ってアシストするなど調子は上向きと思われます。メンバー的には死角はそうありません。
対する仙台は出場停止などで中盤の3人(梁、財前、シルビーニョ)が欠場。東北ニッカンの記事では新たに組んだ陣形がそこそこ機能しているとのこと。ホンマかいな?
札幌としては前節見せたようなアクションサッカーで仙台の中盤とFWを分断したいところです。バロン・シュウェンクの高さに頼ろうとしても札幌にはアノ男がいるではありませんか。

空を飛ぶ人ソダン

攻撃では西谷、砂川、デルリスを中心にやってくれると信じています。
あとは仙台スタジアムで僕らの応援を選手に届けるのみ。
100%ファイト!

北海道のみんな、オラに元気を分けてくれ!!



絶対に負けられない戦いがそこにはある(テレ朝)

以下、現在の順位と第4クールの日程です(得失点差は省略)
甲府56 横浜△草津○仙台●徳島○|鳥栖湘南水戸山形札幌福岡京都
仙台56 鳥栖●徳島○甲府○横浜○|札幌山形草津湘南水戸京都福岡
山形54 京都●福岡○横浜△札幌●|湘南仙台徳島甲府草津水戸鳥栖
札幌54 徳島○横浜△湘南△山形○|仙台水戸福岡京都甲府鳥栖草津
赤字が直接対決、青字が上位チームです

明日5時起き
Edit  |  14:00  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.27 (Thu)

はるばる来たぜ函館へ 観光編 その2

函館2日目。

朝食に「きくよ食堂」のホタテ・イクラ・ウニ丼を食べる
hako_uniikura.jpg
まあ、札幌でも食べれるよね。
腹ごしらえをした後は今回の函館観光の目玉「北島三郎記念館」へ。GLAYの記念館が隣接しているのですがそっちは完全スルーの方向で。北島三郎記念館は入館料が1500円と高いのですがその理由はガイドさんがついてくれて一つ一つの展示に対して説明をしてくれるからなんですね。
そしてそのガイドさんがめっちゃかわいかった・・
一生懸命仕事している姿がまたステキです。
夕方に行っていたら「仕事何時に終わるの?」と聞いてしまいそうでしたよ。
いや、この記念館いいですよ。サブちゃんのことをよく知らない人が行ってもきっとサブちゃんのことを好きになります。あなたも是非!

その後は青函連絡船摩周丸に寄って暇つぶし。洞爺丸の事故について学ぶ。

昼食はラッキーピエロにしようと思っていたのですが思った以上に時間が押してしまい、泣く泣く断念。スナッフルスのチーズオムレットも空港で買えばいいと思っていたのですが・・

空港のは売り切れだった。OTL

これを女のコへのお土産にしようと思ったよこしまな考えが崩れ去りました。やっぱり人間、下心があると上手くいかないものですね。

函館の締めは空港ロビーでのソフトクリーム。疲れた体に糖分がしみます。

雨の中の応援で疲れてしまいましたが観光もグルメも二重丸。

ありがとう函館!
いつか高級な温泉宿にでも泊まってみたいですが・・

↓HOTな函館観光情報
テレビ東京 アド街ック天国7月23日放送分

小ネタ
・羽田第2ターミナル初体験
 思ったよりも広くなかった。久しぶりにANAに乗ったのでANAのシステムがよくわからず困惑。第1ターミナルの方が落ち着くなあ。
・こちらも初体験。スポンサー様JAL Webチェックイン・タッチ&ゴー
 飛行機に乗るときは大体フリープランのパックなので使う機会がなかったのですがかなり楽ですね。
・道南米「ふっくりんこ
hako_fukkurin.jpg

この写真は函館山ロープウェイのチケットの裏側ですがこの「ふっくりんこ」というネーミング、小倉優子が「ふっくりんこ、おいしいりんこ」って言いそう。最近小倉優子嫌いじゃないです。
Edit  |  17:43  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.10.26 (Wed)

はるばる来たぜ函館へ 観光編 その1

前回の続きから

函館駅で選手の見送りを終え、その後駅近くの店でとりあえず塩ラーメンを食べることになりました。しかし問題発生。6人で行くがスープが4人分しか残っていない!(スープなくなり次第閉店の店)。4人分のラーメンと2人前のチャーハンを分け合って食べました。

星龍軒:チャーシュー麺
PA0_0015.jpg
以前は「あじさい」で食べたことがあるのですがここのは塩であるにも関わらずあっさりと全然塩辛くない。美味です。そして試合に勝ち、仲良くラーメンを分け合っている、そんな仲間がいて幸せです。

その後は函館山に行き、しばし夜景を男4人で見る。
hako_yakei.jpg
函館山の山頂は風が強く寒い。カメラを構えるも風でぶれます。携帯ではイマイチ撮れなかった。男4人だなんだと言いながらもやはりきれいな夜景です。今度は君とこの夜景を見たい
函館山を満喫すると函館ビアホールへの道すがらに旧函館公会堂や教会群を見ていきます。そして情緒あふれる坂。数多くのCMにも使われているようです。
hako_kokai.jpg
旧函館公会堂

函館ビアホールに到着。ここではサッポロクラシックはもちろん函館地ビールも飲むことができます。金森倉庫は去年も来たことがあるのですがこのビアホールを見てみんなと来たいと思っていたので念願かないました。料理はなるべく函館らしいものを頼みました。イカめし、カールレイモンのソーセージなど。

勝利に乾杯!

そして函館の夜は更けていく・・ でもまだ10時だよ。
Edit  |  13:48  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.25 (Tue)

親知らずのように

10日前くらいから右下奥に親知らずが生えてきて痛くなりました。
痛みは今はないのですがその近くの歯が少し欠けていたのと噛み合わせが少し変わったので一緒に診てもらおうと思い、重い腰を上げて近くの歯医者へ行きました。

『歯医者、好きですか?嫌いですか?』
と聞かれたら大概の人は嫌いと答えるのでしょうか。
僕は嫌いじゃないですね。
Mっ気たっぷりなんでw
診察を受けると生えてきた親知らずよりも以前からある他の親知らずが隣の歯を圧迫し健康な歯がずれているとのこと。親知らずを抜いた方が良いと言われました。とりあえず欠けていた歯の処置をしてもらい、歯石除去を追加。親知らずに関してはまた後日ということになりました。

歯石除去は以前もやったことがあるのですが、結構痛いんですよね。歯を削られるわけではないのですが歯の間を強く刺激するため歯の神経を直に刺激します。終わった後は割とすっきりしますけどね。Mっ気たっぷりだし

親知らず、抜いた方がいいんだろうなあ・・


『はるばる来たぜ函館へ 観光編』はまた明日。
Edit  |  13:42  |  日々・雑感  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2005.10.24 (Mon)

はるばる来たぜ函館へ サッカー編

試合会場である千代台競技場に着いたのはキックオフ30分前。
ちなみに、函館空港から千代台競技場までのアクセスですが函館空港のバスの運転手さんに「めぐりっこ」という空港から湯の川温泉の各ホテルを巡回するバスを教えてもらい、無事電停のすぐそばで降りることができました。

ゴール裏の仲間と合流し、買っておいてもらったハセガワストアの焼き鳥弁当をかきこむ。さすがに冷えていましたが美味しかったです。

試合は湘南戦とはうって変わり中盤から前でボールを奪い速攻をかける場面がよくあり、選手の出足の速さ・ボールへの執着心が見られ、そして選手全員から勝ちたいという気持ちが伝わってきました。これぞアクションサッカーです。去年の開幕戦以来ですが・・山形も押し返し何度かピンチを迎えますが林のファインセーブと主審に助けられます。
得点シーンは金子からデルリス。デルリスが早いタイミングで左のスペースへ出し、走りこんだ西谷が思い切りよく蹴りこみ先制!

こんないいゴールが見られるなんて・・(つД`)

後半は開始直後の清野のゴールで2-0.いわゆる「いい時間帯」」で決め、試合を優勢に進めることができました。このゴール、後になって考えてみると非常に重要でしたね。
また、砂川のコーナーキックからオウンゴール選手の得点で3-0.

山形相手に3-0です。

清野のゴールと同じように、向こう側のゴールのことなんでよくわからない熱狂がゴール裏を包みます。

それから権東を入れるという余裕たっぷりの采配を見せますがさすがにそう簡単にはいかないようで、後半29分についに山形MF本橋に決められてしまい3-1.残り15分間は攻められる展開になりますがコンサドーレも時おりカウンターで山形ゴールを脅かします。

こういうときにスピード系のちびっ子FW欲しいんだよなあ・・
岳也、間に合いますか?

試合はそのまま3-1で終了。
ずっと勝っていなかった山形を、ずっと勝っていなかった函館で、しかも内容よく下しました。時間経過も早く感じられ、非常に面白い試合でした。皆様、雨の中お疲れさまでした!!

以下、各選手の感想です。
和波:センターバックの守備も随分板についてきて、攻撃もウイングバックのときよりも攻め上がりw、非常に素晴らしかったです。
田畑:和波が攻めあがれたのも田畑がいたからでしょう。田畑自身もサイドを駆け上がるという珍しいシーンも見れました。いや、継続してください。
岡田:湘南戦では全く走れていませんでしたが今回はボールへの執着心が見られました。
西谷:横浜FC戦と変わらず高度なパフォーマンス。WBの位置から狙うスルーパス、得点も決め、このままの調子でお願いします。ウチの空気に染まらないように・・
砂川:西谷の邪魔をしていた気がしましたが・・ アシストも決め調子が上がっていると信じます。がんばれ。

清野:今回一番驚いたのは清野のプレーぶりです。相手ゴールラインを割りそうなボール、ゴールキックになるのをサイドに出し相手のスローインにするというプレーがありました。また、12netのコメントも今までの清野のイメージとはかけ離れていてこれからも期待してしまいます。清野交代後、ヤンツーも清野をねぎらっていたねヤンツーヽ( ´ー`)ノ


試合後、ホテルにチェックインし函館駅へ。
選手たちが駅舎内に入ってくるとサポーターから歓声が上がります。特に人気なのは和波と岡田。二人一緒にいるので婦女子が殺到ですよ。後から来たのは池内。さすがアニキ、ワイシャツのボタンを外して襟を立ててました。今年のドールズ、レベル高くない?

山形の選手も函館駅に。名前と顔が一致したのは鈴木監督と本橋と原竜太くらいでしたが。

・・山形の選手ってどうやって帰るんだ?


次回ははるばる来たぜ函館へ 観光編です。
Edit  |  16:53  |  コンサドーレ  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.21 (Fri)

初体験

函館までの飛行機はスポンサー様のJALではなくANAになります。羽田-函館のバーゲンフェアが取れなかったのが原因ですが・・

スポンサー様でなかったらとっくにANAに変えているところですよ>JAL

今までスポンサー様のJALばかり乗っていたのでANAは久しぶりです。一昨年広島に行ったとき以来?

というわけで明日は羽田空港第2ターミナル初体験です。
長島一茂が飛んでいるイメージしかないですけど。

函館空港着予定は11:30です。キックオフにはなんとか間に合います。
Edit  |  17:26  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.10.20 (Thu)

函館山で愛を叫ぶ

hakodateyama.jpg
<昨年(notサッカー、もちろん一人旅)の写真>

今週は函館でモンテディオ山形戦があります。
函館といえば北海道にありながら歴史もあり、史跡・温泉・グルメ、大沼まで行けば自然も楽しめる観光都市といえます。湘南戦の内容を見ると観光をメインにしたいところですが・・

以下、函館観光の予定
■食べたいもの
・ラッキーピエロ
・ハセガワストア
・塩ラーメン
・イカ刺し(寿司)
・山川牧場のソフトクリーム
:北海道のソフトクリームは濃厚なものが多いですがここの牛乳ソフトはジャージー牛を使っているとか、すごくあっさりしていて今まで食べたソフトクリームの中で一番おいしかったかも。

■行きたい所
・函館市青函連絡船記念館摩周丸
・土方歳三最期の地碑
・函館山
・函館市千代台公園陸上競技場w
・北島三郎記念館
:入館料1500円と高いですが、それ以上の衝撃を与えてくれると期待しています。

久しぶりにホームの方々とも会えますし、非常に楽しみです。

また雨か OTL
Edit  |  17:18  |  コンサドーレ  |  TB(1)  |  CM(1)  |  Top↑

2005.10.18 (Tue)

ヤンツー続投

コンサドーレ札幌 柳下正明 監督
2006シーズン監督続投 内定のお知らせ(オフィシャル)


ヤンツーヽ( ´ー`)ノ
Edit  |  19:02  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.10.17 (Mon)

砂川正念場 J2第36節湘南ベルマーレ戦 0-0△

水曜どうでしょう祭りに行った方がよかったかも・・

まず、天気予報が外れました。

暑い!!

西日チックな日差しが強く、この時期としては「酷暑」といえるのではないでしょうか。選手ともども、サポーターも倒れないか心配です。

最近の砂川の不調が気にかかりこの日の装いは「誠」Tシャツに「誠」リストバンド
makoT.jpg
 随分薄い胸板ですが・・
makolist.jpg

どちらも新撰組関係で購入した逸品です。なかでもTシャツは千円と大変リーズナブル。その上通気性ゼロで酷暑のなか余計に僕を苦しめます。
この上にレプリカは着れなかった・・

砂川は出場停止の西谷に代わり左サイド。
加賀のケガにより右サイドには岡田。
トップ下を置かず、田畑・金子・鈴木の「一人はノッポであとはチビ」トリオ。
FWにデルリスが復帰し、相川との2トップ
桑原は惜しくもベンチ外でした。

前半はトリプルボランチがある程度機能し、試合の主導権を握りましたが、後半は疲れもあり湘南にペースを握られあわや失点というシーンが幾つかありました。なんとか反撃に出るものの両サイドが機能せず縦ポン一辺倒で攻め手がありません。試合前はいつトリプルボランチの状態から謙伍を投入しトップ下を置くのかに注目していましたが、ヤンツーの選手交代が遅かったというよりも「打つ手なし」という状態に近かったのではないでしょうか。途中交代で入った選手も精彩を欠いていました。

札幌としては次の東北2連戦を控え、順位も下、相性もよい湘南から勝点3を是が非でも取りたい試合でしたが、さすが天皇杯で敗れた者同士のスコアレスドローの凡戦といったところです。少なくともJ1昇格を目指すチームがするサッカーではないと思われ。トップ下不在・そして今のコマ不足を痛感する試合でした。

砂川・・ OTL

「停滞」といった言葉がふさわしい試合でしたが試合後の監督コメント・通称ヤンコメでは今のチーム状況をある程度評価しているようです。

ヤンコメ(J's GOAL)

もう信じられるのは監督の言葉だけ。


来週は函館に行きます。函館自体は観光に一度行ったことがあるのですが千代台は初めてです。「誠」Tシャツも五稜郭で買ったんだよなあ・・ 北海道は寒そうですが観光・グルメをメインに楽しみたいと思います。

いや、ちゃんと応援しますって。
Edit  |  17:14  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.14 (Fri)

明日は湘南戦

明日はアウェイ湘南戦、関東での今季最終戦であります。

明日の平塚競技場の天気

また雨か OTL

西谷が出場停止、加賀が怪我とまたもや駒落ちですが、それでも相性の良い湘南が相手だけに内容・結果ともに充実したいところです。つまり勝てってことです。
湘南は天皇杯の結果まで付き合ってくれるいいチームですし

某所の情報によると桑原が帯同しているとのこと。
桑原といえば関東サポにとっては馴染みの深い、そして最も期待している選手の一人ではないかと思います。高校選手権を生で観た人が多いですから。
桑原は昨年早い時期にリーグ戦デビューを果たしましたが、同期・同ポジションの上里に常に先を行かれていました。今年、上里はチームの中心に成長。かたや桑原はキャンプ中に悪ガキ三人組として丸坊主に(三人組の一人は今や中盤に欠かせない存在となっていますが)。今季の出場はゼロ。ベンチ入りもなかったと思います。高校時代の実績は桑原の方がはるかに上なだけに焦りは相当なものだと思います。今回はケガ人続出のため帯同したのかもしれませんが、もし出場機会があれば桑原らしいプレーを見たいですね。

桑原には途中出場で流れを変えられる選手になってほしいのよ。

では明日、平塚競技場で待ってます。
Edit  |  17:29  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.10.13 (Thu)

エルゴラッソ 10/12日号

夜のピンク新聞こと、エルゴラッソ
昨日の記事は
日本代表のラトビア戦の総括とウクライナ戦の展望、
オールスター、札幌の天皇杯敗退、海外サッカー

そして高円宮杯の記事。
決勝の記事は大体ヴェルディユースを讃える記事でした。

その他紙面にエルゴラッソが選ぶ高円宮杯ベスト11+1というものがありまして
札幌ユースからは藤田君、佐々木君、西君が選ばれていました。

藤田君君の紹介記事は「北の高速ベッカム」
佐々木君は「フェアでタフ、そしてタイト」
西君は「ロナウジーニョばりのプレー

藤田君のトップ昇格はほぼ間違いない状況ですが、佐々木君と西君はどうするんだ・・

是非、上げてほすぃ・・
西君かわいいし

いつもエルゴラッソを買っている最寄のコンビニが今日限りで閉店するそうです。不便になるなあ・・
Edit  |  16:35  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2005.10.12 (Wed)

天皇杯の思い出

昨年の天皇杯のVTRなどは保存してあり、今でも観ることがあります。
熱くなれて、元気が出るから。

熊本の歓喜

丸亀の涙

日曜で台無し
Edit  |  17:17  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.11 (Tue)

高円宮杯全日本ユース準優勝

やっぱり

さいたまは遠い OTL

応援席に着いたのは家を出てから3時間後。札幌サポーターの数は準決勝の2-3倍といったところ。昼食を買おうとコンコースに出るもすぐに選手入場となりダッシュで応援席に戻る。前半終了までは水も食料もない状態で挑みます。

下馬評では圧倒的にヴェルディ優勢。確かに前半、ほぼすべての面においてヴェルディユースが札幌ユースを圧倒します。札幌ユースは粘り強いディフェンスでボールを押し返し、攻撃ではカウンターを試みますが藤田君、西君にいいボールが配給されず、シュートもことごとくヴェルディユースのDFにブロックされ単発な攻撃で終わってしまいます。

前半をなんとか0-0で凌ぎ、後半へ。
前半のサッカーを続けていれば苦しいけれども勝てるかもしれないという感じでした。先取点が入れば・・

先取点キター!
川村君が右サイドを駆け上がりセンタリング、GKがこぼしたところを岡君が押し込みゴール!!

この一点がどんな意味をもつのか!?よくわからないけどすげえええ。

その後もヴェルディユースの攻撃をなんとか跳ね返しますが後半17分同点にされてしまいます。GKとDFの連携ミスが絡み不運といえば不運でしたがフリーでセンタリングを上げさせてしまい「必然」の失点とも言えます。同点後、さらに圧力を強めるヴェルディユース・・

もう書きたくないw

2失点目を喫したのは後半30分だったのですがそれからの15分がすごく長く感じました。前評判通りヴェルディユース強いです。全ての面において札幌ユースより上回ってました。特に体力面ですね。2失点目まではなんとか食らいついてましたがそれからは・・ 体格的にもヴェルディユースの選手たちは大きく、特に途中交代で2得点をあげた征矢智和君はまだ1年生ですが180cm、顔もエメみたいですw 末恐ろしい。

まあ、何はともあれ準優勝おめでとう!
この選手たちがトップチームで活躍する日を夢見て・・

・・それほど遠くないよね。

<ユースの試合では僕は子供料金で入れるらしいw>
:大人料金で入りましたよ、もちろん。
<天皇杯:相手が佐川と聞いて嫌な予感はしてたんだ・・ OTL>
<ヴェルディには入れ替え戦で借りを返します>
Edit  |  18:00  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.09 (Sun)

明日は決勝@埼スタ

明日はいよいよ高円宮杯決勝です。
両チームとも力を出し切りいい試合をみせてほしいですね。
埼スタまでの長い道のりも短く感じそうです
もし札幌ユースが勝った暁にはこう報告してほしいですね。

「ぼく、サッカーで優勝したよ!」
Edit  |  16:30  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.08 (Sat)

決勝進出!

やはり野球にしてもサッカーにしても若人の頑張ってる姿はいいなあ。
感動した!

国立競技場にはいつも見る顔・顔・顔。
試合前は「おとなしく見ていよう」と思っていましたが選手入場となると反射的にタオルマフラーを掲げてしまいます。体が勝手に…、もう染み付いちゃってます。

試合は早々に藤田君のPKで先制。前半30分過ぎに門間君がイエローカード2枚で退場するまでは滝川二高にチャンスらしいチャンスは与えていませんでした。攻撃では西君、藤田君の素晴らしい技術、軽快な中盤のパス回しから何度も突破します。特に西君の見せたヒールでボールを浮かせての突破はコンサドーレサポーターのみならず会場全体が沸き上がりました。国立が揺れた!

門間君が退場したあとは攻撃に人数をかけることができず藤田君、西君がボールを持っても効果的に前に運べません。逆に滝川二高に押し込まれる時間帯が続きます。コンサドーレは塚本君を中心に守りますがついに同点ゴールを許してしまいます。その後も何度もピンチを迎えますが数少ないチャンスで得たPKをまたも藤田君が決め、その後も守りきり試合終了。見事決勝進出となりました。

僕は大人気なくコンサドーレサポーターの最前線で応援に参加してしまいましたが、頑張っているこの選手たちのために何かチカラになってやりたい。この劣勢を跳ね返すチカラになりたいと強く思いました。トップの試合よりも90分が短く感じ、非常に素晴らしい試合でした。
川村君の変な踊りも見れたし。

滝川第二コールをするときに太鼓を叩いてくれたヴェルディサポーターの方々ありがとうございました。そしてGJ! 滝川二高の選手たちにも僕らの気持ちが届けばいいが…

決勝は10日13:00からvs東京Vユース@埼玉スタジアム
今年埼スタに行くことになるとは…

なんてステキな週末
Edit  |  18:54  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.07 (Fri)

嬉しいお知らせ

U-18高円宮杯全日本ユースサッカー選手権大会 ベスト4進出

いやあ、めでたいですなあ。
水曜日に西が丘、木曜日に国立と連戦された方も多かったようです。
U-15に続け!準決勝は明日12:00から国立競技場で相手は名門滝川二高。
行くしかない。チケットは前売り・当日ともに同料金ですね!

初ユースですけど。

STUDENT DAY presented by ハウスメイト

ハウスメイト様による11月23日の甲府戦の当日券を学割で1000円にするという企画。今年が大学生最後なんで利用してみようか。利用すると・・『ハウスメイト特製 小西真奈美クリアファイル』が貰えます。
ここで僕を知っている人なら小西真奈美ハァハァという展開を予想するんでしょうがw、実はあまり好きじゃなかったりします。好きな女性タレントは国仲涼子

クリアファイル貰ったらどうしようかな・・

西嶋にあげるか。
Edit  |  15:26  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.06 (Thu)

J2第35節 横浜FC戦(乱文失礼)

久々の関東平日ナイター。
講義が4時半に終わり、新宿に着いたのは6時過ぎ。
埼京線で赤羽に向かおうとしましたが・・

何この混雑は

埼京線は大宮へ行くときなど土日に利用したことはあるのですが平日の夜は初めてでして、テレビで見るようなすし詰めの状態。さすが噂の埼京線。田舎育ちにはキツイ。結局一本遅らせました。

西が丘サッカー場に着いたのはキックオフ15分前。心配された雨も断続的に小雨の状態でカッパは必要ありませんでした。結局かさばっただけでしたね。
札幌ゴール裏はまさに鈴生り。さすが関東サポ。平日ナイターにここまでの人数が集まるとは。

で、横浜FCサポはどこですか?<ホームジャック成功>

西が丘サッカー場には初めて来ましたがピッチが近く、また座席が高くもなく低くもなく非常にいいですね。同じサッカー専用の日立台や大宮、仙台とは違った良さがあります。

試合は時間が早く感じるほど面白い試合でした。加賀の迫力ある突破、智樹の成長を感じるプレー、どの選手も球際の粘りというか気持ちを前面に出していました。
特に西谷。ボールを受ける前に必ずルックアップし次のプレーをどうするか判断していました。見ているこっちが痺れるようなスルーパス(右足で!)も披露し、西谷健在といわんばかりです。いや、ホントにすげえよ。周りを使うこともできるし使われるだけの技術もある、素晴らしいです。

横浜FC側は城、カズの2トップ。この二人がペナルティエリア付近でボールを持つとさすがに上手いですね。ディフェンスでは菅野を中心とした「時間稼ぎ」で札幌サポーターをイライラさせます。また、カズも老獪で、林が保持しているボールを後ろから狙いにいきます。林はすぐ後ろで見ている札幌サポーターから注意を受けていました。

「志村!後ろ!後ろ!」

結局引き分けに終わりました。やはり後半開始からの押せ押せの時間帯で先取点が取れなかったことが痛かったですね。相川の同点ゴールは西谷からのスルーパスかららしいのですが相川がシュートを打つ前に僕は思わずラインズマンを確認しました。それくらい見事な抜け出しでした。
いい内容のサッカーはしているんですがミドルシュートが少なかったり、疲れてきて精度が悪いのにパスで繋いで崩そうとしたり、相手のペースに合わせて速攻したり、そのあたりは経験がないということでしょうか。ボールの落ち着く場所がないというか。本来なら砂川がゲームをコントロールしなければいけないんでしょうけども。今ならトップ下にはパサーの方がいいんでないかい。社長とか。どうしても、上里がいれば・・と考えてしまいます。
攻撃のブレーキといえば元気もです。元気に限らずですが攻撃陣は味方と被り過ぎですね。このあたりは連携を高めればなんとかなると思いますが。清野→元気の交代は????????って感じです。

元気ねえ。何がないって、センスがないよ。

山形、仙台、甲府と3位争いをしているチームがこぞって勝ち、京都に新居のゴールで勝った鳥栖も浮上してくるかもしれません。この引き分けは内容が良かっただけに確かに痛い引き分けかもしれませんが僕はそれほどとは思いません。ここで離されるようであればこんなに混戦になっていませんし、横浜FCという苦手のチームに2勝1分1敗と勝ち越したわけですから。試合後のコメントでも監督は内容を評価していますし、選手たちのやる気も萎えてはいません。

一番怖いことは選手のやる気がなくなること。

まだまだ戦いはこれからですし、可能性がなくなったとしても僕たちは明日のために戦い続けなければいけない。来年、再来年、10年後のチームのために。

まあ、現実的なことを考えれば次のリーグ戦までは時間があるわけですから連携を高め、デルリスがついにフィット(相川と組めばありうる!?)、砂川復調(?)すれば強いチームになるのではないかと思うのですよ。希望的観測ですが。


追伸:試合後、赤羽駅に向かうバスの中のこと
僕は水曜どうでしょうマニアでもあり(軽度)、近場の観戦ではこのワンショルダーバッグで行くんですが、帰りのバスの中、一組のカップル(ギャル、ヤンキー系)が僕のバッグを見て・・

女「あー、水曜どうでしょうだ、すごい」(感激した様子で)
:まあ、こっちでも人気があるんだと思って静観してましたよ。

女「ねえ、カツアゲしてよ」(男に向かって)
男「・・本当にしようか?」
こえーよ!東京!

危うく水曜どうでしょう狩りに遭うところでした。
Edit  |  16:20  |  コンサドーレ  |  TB(1)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.10.05 (Wed)

J1第26節 ファンタジーサッカー

GK 榎本(横浜FM)1fp
DF 藤山(F東京)10fp
DF 河合(横浜FM)1fp
DF 箕輪(川崎F)12fp:祝!日本代表
DF 栗原(横浜FM)4fp
MF 大黒(G大阪)9fp
MF 阿部(千葉)8fp
MF 太田(磐田)9fp
MF 古橋(C大阪)12fp
MF クレーベル(柏)9fp
FW アラウージョ(G大阪)C 8fp*2=16fp

合計91fp
今回も予想は大体当たりました。

あるチームを除いては。

前年度覇者
横浜Fマリノス

強固なDFを誇るチームが、
ホームで、
大分相手に、
3失点


OTL


今節の結果は正に

Amazing,J
アリエナイ瞬間、ガアル
Edit  |  12:16  |  その他サッカー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.05 (Wed)

横浜戦当日:出発前

外は曇り空ですがなかなか気持ちが高まってきましたよ。
昼食にはチャーハンを食べ準備万端です。

昇格争いのライバル山形・仙台と続くみちのく二連戦に向けて、是が非でも勝ちたいこの神奈川二連戦なのですがそう簡単には行きません。
横浜FCはご存知の通りカズが加入した第3クールの成績ではコンサドーレより上ですし、今年こそ2勝1敗の成績ですが分の悪いチームに違いはありません。特に城。
ベルマーレは成績的にはパッとしませんがFWの柿本、梅田のツインタワー、MFの技巧派加藤、佐藤に要注意だと思います。

両チームともコンサドーレが前節のような試合をできればそう恐れることはないと思いますが、それができないチームなんだよなあ・・
逆にこちらの不安要素としては砂川がどれだけやれるか。昨年はチームの攻撃を一人で引っ張ってきましたが今年はボールの持ちすぎ、球離れの遅さでチームの攻撃をストップさせることも多かったですね。以前、上里が離脱しても砂川がいれば大丈夫とどこかのブログに書いたのですが内心はひどく心配だったのですよ。
この記事にもある通り、砂川には存在感を示して欲しいですね。

さて、今夜は1998年にタイムスリップです。

カッパ要るのかなあ・・
かさばるんだよなあ。しまうのも面倒だし。
Edit  |  12:02  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.04 (Tue)

明日は平日ナイター:西が丘

明日は西が丘サッカー場で横浜FC戦があります。
横浜FCといえば今やカズが在籍しているチームということで
全国的に知られるようになりました。
日曜日のフジテレビの番組でも特集され、生出演していましたね。

一サッカーファンとしてカズに対してはリスペクトはしています。

しかし、相手が誰であろうと試合になれば

勝ちにいく。

雨の中の試合でも、俺たちの力を見せてやる

キックオフに間に合えば
Edit  |  17:28  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.03 (Mon)

親愛なるスポンサー様へ

20051003192106
本日試験の結果が発表され無事合格しました。

というわけで家で久々の晩酌をしました。
ビールはエビス。つまみはもちろん丸大薫製屋。
マスタードも欲しかったのですが某ハム会社製のものしか売ってなかったのでやめましたw

薫製屋(゜д゜)ウマー
Viva!!サポーター生活!!
Edit  |  19:21  |  コンサドーレ  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

2005.10.02 (Sun)

タッチ・蝉しぐれ(ネタバレあり)

昨日は10月1日。多くの映画館では1stデイというサービスで千円で見ることができます。僕は割と映画が好きでよく見に行く方だと思います。映画の細かいことはわかりませんがエンターテイメント性を重視して見てます。

さて、昨日見た映画は2本。
タッチ
蝉しぐれ

・・タッチ見てしまいました。双子の俳優と清純派女優がいればそりゃあ撮りたくなりますよね。学校の長期休みに放送されていたのを楽しみに見ていた人も多いのではないでしょうか。僕も全ての話を見たことはないんですが、、、こんな話じゃないよね?

以下、箇条書きで書きます。
・朝倉南ファンなのか劇場には微妙にキモオタ系多し。俺もその一人なのか・・ OTL
・上杉父に小日向文世さん。このキャスティングは非常にいい。普段とぼけた感じでも大事なところは締めるというのにピッタリ。
・上杉母ってこんな性格だったっけ?違和感あり。
・原田役の人は声が割と似てて良かったです。原作にあれ以上似させることはできないので良かったのではないでしょうか。いい味出してます。しかし、原田に恋はいらんだろ。
・コータローも最初は違和感があったのですが、後半になってから影の主役じゃないかと思うくらい味出してます。そのままこぶ平正蔵出してもいいんじゃないかと思いましたが。
・若槻千夏が南の友人役で出演していました。一瞬、新田の妹かなとも思いましたが、、、ていうかそっちの方がハマリ役だと思う。
・黒木先輩:「黒木っぽい」といえばそうなんですが野球部員には見えない。そもそも原作では高校生に見えない。
・ボクシング部のマネージャー役で新キャラ登場。
・某アマチュア野球チーム登場。もちろんアノ人も。アノ選手はいなかった(と思う)
・新田:ダメだよ、新田OTL ロン毛じゃなくてもいいからもうちょっと新田らしくしてよ。新田は金曜ロードショーの特別版では某KO大学に入学し六大学のホームラン記録を塗り替え、プロ入り直前という設定で、顔よし頭よし野球よしのまさにMrパーフェクトなんですが南ちゃんにフラれるという愛すべきキャラなのに・・ 新田って右打者じゃなかったっけ?映画では左だったけど・・
・達也、和也、南:違う(怒)

という、映画でどのくらい原作に近づけているかに興味がいってしまい、それが大体わかってしまうと退屈になります。千円じゃなかったら怒ってると思う。


気を取り直して蝉しぐれ。客層が明らかに年配の方が多い。
ふかわりょうの映画初出演でも話題になりましたね。作品全体的には良かったのですが前半の少年時代の主人公が非常に良かったので、市川染五郎演じる後半は惰性でいった感じがしてなりません。
ここで大問題発生。一青窈歌ってないよ!
蝉しぐれのTVCMで一青窈が歌う「かざぐるま」。この曲と画中の光景が非常に合っていたので映画を見に行ったのに・・ 期待度が高かっただけにもうこれだけで半分減点。よく見ればイメージソングと書いてある。主題歌ではないのか・・
もともと一青窈の曲が好きなんですよ。「ハナミズキ」カラオケで歌いますし、はい。
蝉しぐれ、5点満点で星3つといったところでしょうか。

昨日の夜テレビをつけるとテレビ朝日でクレヨンしんちゃんをやっていました。映画「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」。偶然にも蝉しぐれと同じ時代劇。

こっちの方がいいよ。

「クレヨンしんちゃん」は子供に見せたくない番組などにノミネートされていることが多いですが、この「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」と「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」の二本に関してはアニメの枠を越えて非常に高い評価を受けています。一見の価値ありです。大人が見て楽しめ、そして感動しホロリと泣ける「映画」になっています。あなたも是非。


え?映画は誰と行ったかだって?


一人で行きましたよ。
Edit  |  15:33  |  エンターテイメント  |  TB(2)  |  CM(5)  |  Top↑

2005.10.02 (Sun)

模様替えしました。

秋ということで模様替えしました。
10月、11月はこれでいきます。
12月になったら、、クリスマスっぽいのがいいなあ。

以前のエントリーで涼しくなったと書きましたが昨日、今日と残暑です。顔が日焼けしてしまいました。

と、Yahooの天気予報を見ていたら水曜日雨か・・
Edit  |  13:59  |  日々・雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP |